NYタイムズ・ベストセラー作家が解き明かす「最強チームをつくる極意」

大きな成功を収めるチームには、いったいどんな秘密があるのか?
未来のリーダーが結束力のあるチームをつくるには、どんなツールを使えばいいのか?

成功しているチームの文化はどこから生まれるのか?
どうやって自分のチームにその文化を創り、そして維持していくのか?
チームの文化に問題があるなら、どうやって改善すればいいのだろうか?

本書に登場するのは、Google、デザイン企業IDEO、ピクサー、アメリカ海軍ネイビーシールズ、全米プロバスケットボールのサンアントニオ・スパーズなど、高度なチームワークを誇る集団だ。
チームワークは魔法ではない。効果的な協調と協力は、3つのカギとなるスキルから生まれる。このスキルを身につければ、多様なメンバーで構成されたチームが、共通の目標に向かって一致団結することができる。
著者のダニエル・コイルは、前述のプロ集団に加え、ネット通販のザッポスから、コメディ集団のアップライト・シチズンズ・ブリゲード、さらには悪名高い宝石泥棒集団まで、幅広いチームの実例を分析し、そこから具体的な戦略を導き出した。この戦略を活用すれば、チームの学びを促し、協力と信頼の基礎を築き、前向きな変化を起こすことができる。
本書に登場するのは成功例だけではない。ためになる失敗例からは、具体的な「してはいけないこと」、よくある失敗の対処法、そして雰囲気の悪いチームを生まれ変わらせる方法を学べる。
最先端の科学、世界クラスのリーダーたちが知っている現場の知恵、そして行動のための具体的なアドバイスが詰まった本書は、最強のチームワークへのロードマップだ。そこではイノベーションが花開き、問題は解決され、つねに期待を超える結果を出すことができる。
チームの文化は、メンバーが「誰」であるかで決まるのではない。メンバーが「何」をするかで決まる。本書を読めば、あなたは最強のチームをつくる力を手に入れることができる。
チームの大きさは関係ない。チームが目指す目標の大きさも関係ない。単なる個人の集まりが、化学反応を起こして最強のチームになり、固い結束力によって偉大なことを達成する。
その方法を、あなたはこの本から学ぶことができる。

〈一橋大学大学院経営管理研究科教授・楠木 建 監訳〉

チームとは、「お互いの相互依存関係が日々の活動の中で認識し合える範囲にある人びとの集団」である。

強いチームの文化(カルチャー)を論じる本書は、
現代の支配的文化に抵抗する「カウンターカルチャー」の書でもある。

〈NYタイムズ・ベストセラー作家などが絶賛〉

ダニエル・コイルは、最高のチームが持つ魔法の秘密を、すべて私たちに教えてくれた。本当にすばらしい。間違いなくチームづくりに関する本の最高傑作だ。今すぐ読むべき1冊。
――アダム・グラント ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家『GIVE & TAKE:「与える人」こそ成功する時代』(三笠書房)著者

チームのリーダーにとっても、メンバーにとっても必読の書。
――ラズロ・ボック Humu社CEO、元グーグル人事トップ、『ワーク・ルールズ!:君の生き方とリーダーシップを変える』(東洋経済新報社)著者

成功したチームはどのように機能するのか。メンバーはどのようなシグナルを送り合い、どんな言葉で話し、どうやって創造性を発揮しているのか。その答えは、すべてこの本に書いてある。
――チャールズ・デュヒッグ ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家 『習慣の力』(講談社)著者

チームづくりにかかわるすべての人は、この本を読まなければならない。
――リッチ・ディヴィニー 元ネイビーシールズ士官、バリー・ウェーミラー・リーダーシップ・インスティテュート・アウトリーチ・ディレクター
いまやイノベーションは時代の合い言葉であり、 その必要性が多くの企業で語られている。 しかし、その一方でイノベーションという概念に対する そもそもの誤解が蔓延している。 イノベーションは技術進歩ではない。 次々と市場化される新しい製品やサービスや技術。 こうした現象のほとんどは「進歩」であって、 「イノベーション」ではない。 クレイトン M. クリステンセンが提唱した 「破壊的イノベーション」という概念の最大の功績は、 イノベーションの「古典的定義」に立ち戻りつつも、 経営が置かれている今日的な文脈に注目して イノベーションの本質を再発見したことにある。 「新しい何か」という意味では共通しているものの、 イノベーションと技術進歩は一面では正反対のベクトルであり、 トレードオフの関係にあるとすらいえる。 筆者である一橋大学大学院教授の楠木建氏は、 イノベーションと技術進歩の違いを理解したうえで、 目の前にある日々の「技術進歩の競争」を 安直に追いかけないことが重要だと指摘する。 腰を据えて本来の意味でのイノベーションを追求するのであれば、 技術進歩に逃げてはいけない。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年6月号)』に 掲載された論文を電子書籍化したものです。
本質を抉りだす思考のセンス!
『ストーリーとしての競争戦略』の原点がここにある。


──そもそも本書は普通の意味での「書評書」ではない。
書評という形式に仮託して、経営や戦略について
僕が大切だと考えることを全力全開で主張するという内容になっている。
ものごとの本質を抉り出すような本、僕の思考に大きな影響を与えた本を厳選し、
それらとの対話を通じて僕が受けた衝撃や知的興奮、発見や洞察を
読者の方々にお伝えしたい。
僕の個人的なセンスなり趣味嗜好に引きずられた話なので、
好みや体質に合わない方もいるだろう。
その辺、ご満足いただけるかどうかはお約束しかねる。
しかし、本書を読んでも「すぐに役立つビジネス・スキル」が
身につかないということだけはあらかじめお約束しておきたい。(「まえがき」より)

読んでは考え、考えては読む。
本との対話に明け暮れた挙句の果てに立ち上る、極私的普遍の世界。
楠木建の思考のセンスとスタイルが凝縮された1冊。
特別付録・ロングインタビュー「僕の読書スタイル」、付録・「読書録」付き。

【目次】
■序章:時空間縦横無尽の疑似体験
『ストーリーとしての競争戦略』 楠木建著
■第1章:疾走するセンス
『元祖テレビ屋大奮戦!』 井原高忠著
■第2章:当然ですけど。当たり前ですけど」
『一勝九敗』 柳井正著
■第3章:持続的競争優位の最強論理
『「バカな」と「なるほど」』 吉原英樹著
■第4章:日本の「持ち味」を再考する
『日本の半導体40年』 菊池誠著
■第5章:情報は少なめに、注意はたっぷりと
『スパークする思考』 内田和成著
■第6章:「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の戦略思考
『最終戦争論』 石原莞爾著
■第7章:経営人材を創る経営
『「日本の経営」を創る』 三枝匡、伊丹敬之著
■第8章:暴走するセンス
『おそめ』 石井妙子著
■第9章:殿堂入りの戦略ストーリー
『Hot Pepper ミラクル・ストーリー』 平尾勇司著
■第10章:身も蓋もないがキレがある
『ストラテジストにさよならを』 広木隆著
■第11章:並列から直列へ
『レコーディング・ダイエット 決定版』 岡田斗司夫著
■第12章:俺の目を見ろ、何にも言うな
『プロフェッショナルマネジャー』 ハロルド・ジェニーン著
■第13章:過剰に強烈な経営者との脳内対話
『成功はゴミ箱の中に』 レイ・クロック著
■第14章:普遍にして不変の骨法
『映画はやくざなり』 笠原和夫著
■第15章:ハッとして、グッとくる
『市場と企業組織』O・E・ウィリアムソン著
■第16章:日ごろの心構え
『生産システムの進化論』 藤本隆宏著
■第17章:花のお江戸のイノベーション
『日本永代蔵』 井原西鶴著
■第18章:メタファーの炸裂
『10宅論』 隈研吾著
■第19章:「当たり前」大作戦
『直球勝負の会社』 出口治明著
■第20章:グローバル化とはどういうことか
『クアトロ・ラガッツィ』 若桑みどり著
■第21章:センスと芸風
『日本の喜劇人』 小林信彦著
DIAMONDハーバード・ビジネスレビューの読者が選ぶベスト経営書2014第2位に選ばれた
話題の一冊『「好き嫌い」と経営』オーディオブックとなって登場!

楠木建氏が、永守重信氏や柳井正氏、新浪剛史氏など14人の経営者との
「好き嫌い」についての対話を通じて、経営や戦略の本質、そして経営者の素顔に迫ります。

直感やセンスを磨くきっかけとなり、自分のやりたいことが見えてくる、
経営者の方はもちろん、全てのビジネスパーソンにの方にお聴きいただきたい一作です。

あなたは、優れた経営者というと、どのような人をイメージしますか?

経営者は組織の頂点に位置するため、そのポジションを獲得するまでには
必然的に厳しい競争を勝ち抜かなければなりません。

しかしここからが問題であり、そのポジションを獲得したとたん、
「エネルギー保存の法則」にはまってしまう経営者が少なからずいるのです。

優れた経営者は“行動のリーダー”でなければなりません。
現実に商売を創り、戦略ストーリーを構想し、ストーリーを動かし、稼ぐ。
いずれも「何をするのか」「何をしたいのか」という経営者の行動を問うものであり、
経営者の運動エネルギーにかかっているのです。

その運動エネルギーを起こすのが「好き嫌い」。
仕事やプライベートのこと等、全ての自分の好き嫌いについて徹底的に考えてみることで、
やりたいことが明確に見えてくるのです。

『ストーリーとしての競争戦略』著者としても知られる楠木建氏と、14人の優れた経営者とのによる対話からみえてくる、
それぞれの戦略ストーリーの実像を通して、自分の好き嫌いについて改めて考えてみませんか?

まるで自分も対話の中にいるような感覚になれる、ここでしか聴けない一作です。
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: JapanLanguage: English (United States)All prices include VAT.
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.