ストーリーとしての競争戦略—優れた戦略の条件

東洋経済新報社,オトバンク

Narrated by 鬼塚啓之進

17 hr 33 min

本格経営書として20万部を突破した異例の大ベストセラーがついにオーディオブック化!トヨタやスターバックス、Amazonといった有名企業の戦略を「ストーリー」という切り口で分析し、経営戦略の本質、戦略の真髄を解明する経営書の新しいスタンダードです。


すぐれた戦略とは思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある!
『日本経済新聞』『朝日新聞』『プレジデント』
『週刊東洋経済』『日経ビジネス』『週刊ダイヤモンド』など各メディアやブログなどで紹介、絶賛!

前半に張った伏線が後半見事に繋がる構成。
戦略ストーリーが主題と見せかけて、クライマックスで隠し玉をポンと出す意外性。
戦略を構成する要素がかみあって、全体としてゴールに向かって動いていくイメージ。
本オーディオブックでは、多くの事例をもとに「ストーリー」という視点から究極の競争優位をもたらす論理を解明しています。
これを聴き、競争戦略を「スト—リーづくり」として理解する 視点に手に入れれば、競争戦略についてこれまでと違った景色が見えてくるはずです。
Read more
Collapse
Loading...

Additional Information

Publisher
東洋経済新報社,オトバンク
Read more
Collapse
Published on
Apr 22, 2011
Read more
Collapse
Duration
17h 33m 37s
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Business & Economics / Management
Read more
Collapse
Accompanying PDF
Read more
Collapse
Eligible for Family Library

Listening information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to listen online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can listen to audiobooks purchased on Google Play using your computer's web browser.
DIAMONDハーバード・ビジネスレビューの読者が選ぶベスト経営書2014第2位に選ばれた
話題の一冊『「好き嫌い」と経営』オーディオブックとなって登場!

楠木建氏が、永守重信氏や柳井正氏、新浪剛史氏など14人の経営者との
「好き嫌い」についての対話を通じて、経営や戦略の本質、そして経営者の素顔に迫ります。

直感やセンスを磨くきっかけとなり、自分のやりたいことが見えてくる、
経営者の方はもちろん、全てのビジネスパーソンにの方にお聴きいただきたい一作です。

あなたは、優れた経営者というと、どのような人をイメージしますか?

経営者は組織の頂点に位置するため、そのポジションを獲得するまでには
必然的に厳しい競争を勝ち抜かなければなりません。

しかしここからが問題であり、そのポジションを獲得したとたん、
「エネルギー保存の法則」にはまってしまう経営者が少なからずいるのです。

優れた経営者は“行動のリーダー”でなければなりません。
現実に商売を創り、戦略ストーリーを構想し、ストーリーを動かし、稼ぐ。
いずれも「何をするのか」「何をしたいのか」という経営者の行動を問うものであり、
経営者の運動エネルギーにかかっているのです。

その運動エネルギーを起こすのが「好き嫌い」。
仕事やプライベートのこと等、全ての自分の好き嫌いについて徹底的に考えてみることで、
やりたいことが明確に見えてくるのです。

『ストーリーとしての競争戦略』著者としても知られる楠木建氏と、14人の優れた経営者とのによる対話からみえてくる、
それぞれの戦略ストーリーの実像を通して、自分の好き嫌いについて改めて考えてみませんか?

まるで自分も対話の中にいるような感覚になれる、ここでしか聴けない一作です。
DIAMONDハーバード・ビジネスレビューの読者が選ぶベスト経営書2014第2位に選ばれた
話題の一冊『「好き嫌い」と経営』オーディオブックとなって登場!

楠木建氏が、永守重信氏や柳井正氏、新浪剛史氏など14人の経営者との
「好き嫌い」についての対話を通じて、経営や戦略の本質、そして経営者の素顔に迫ります。

直感やセンスを磨くきっかけとなり、自分のやりたいことが見えてくる、
経営者の方はもちろん、全てのビジネスパーソンにの方にお聴きいただきたい一作です。

あなたは、優れた経営者というと、どのような人をイメージしますか?

経営者は組織の頂点に位置するため、そのポジションを獲得するまでには
必然的に厳しい競争を勝ち抜かなければなりません。

しかしここからが問題であり、そのポジションを獲得したとたん、
「エネルギー保存の法則」にはまってしまう経営者が少なからずいるのです。

優れた経営者は“行動のリーダー”でなければなりません。
現実に商売を創り、戦略ストーリーを構想し、ストーリーを動かし、稼ぐ。
いずれも「何をするのか」「何をしたいのか」という経営者の行動を問うものであり、
経営者の運動エネルギーにかかっているのです。

その運動エネルギーを起こすのが「好き嫌い」。
仕事やプライベートのこと等、全ての自分の好き嫌いについて徹底的に考えてみることで、
やりたいことが明確に見えてくるのです。

『ストーリーとしての競争戦略』著者としても知られる楠木建氏と、14人の優れた経営者とのによる対話からみえてくる、
それぞれの戦略ストーリーの実像を通して、自分の好き嫌いについて改めて考えてみませんか?

まるで自分も対話の中にいるような感覚になれる、ここでしか聴けない一作です。
あらゆるビジネスパーソンに役立つロングセラー『仮説思考』の姉妹版、『論点思考』がオーディオブックとなって登場!

成果を上げるために取り組むべき「正しい問題」とは?
ボストンコンサルティンググループの日本代表を務めた問題解決のプロが、
真の問題解決を行うために、論点をどこに見出すのか、求められている結果は何なのかを見極める方法を教えます。

上司から言われたことをやっているのに、なぜか満足してもらえない。
努力しているのに成果が出ない。

あなたは、このような経験がありませんか?

それは、あなたが大事だと思った“論点”が間違っているからかもしれません。
時間もリソースも限られているビジネスの現場で、問題解決を行い、着実に成果を出すためには、
真に取り組むべき“論点”を見極め、なにをやるのか・やらないのかを正しく判断する必要があります。

本作品では、ロングセラー『仮説思考』の著者であり、
ボストンコンサルティンググループの日本代表を務めた内田氏が、
そもそも何を求められているのか、解決する必要があるのはどのような問題なのか、
その論点を見つけ出す力をつける、問題設定の技術をお教えします。

間違った問いに答えを出し続けることほど無駄なことはありません。

問題を正確に掌握するスピードを上げることで、より良い成果につなげることができるでしょう。
スピーディーな問題解決に繋がる問題設定の技術を身につけ、
あなたのビジネスシーンにご活用ください。
京セラ稲盛和夫会長の経営と人生の哲学の結晶であり、
社内と著者主宰の経営塾でしか読むことができなかった、門外不出の「京セラフィロソフィ」がオーディオブック化!
一代にして京セラ、第二電電(現KDDI)を築き上げ、日本航空を再生へ導いた哲学を記した本作は、
経営者、ビジネスパーソンだけでなく、人生のあらゆるステージにいる人に、すばらしい人生の指針となる一冊です。

『生き方』『働き方』などのベストセラーでも知られる
当代随一の経営者・稲盛和夫氏の、人生の哲学が詰まった1冊がついにオーディオブックになりました。

稲盛氏はこう言います。
「この明快な判断基準があればこそ、(中略)半世紀以上にもわたり、
判断を誤ることなくそれぞれの会社を成長発展へと導くことができました。」

この「フィロソフィ」がまとめられた影には、若くして経営者となった稲盛氏の苦労がありました。

京セラの創業間もないころ、多くの社員が稲盛氏の元に決裁を求めてやってきます。
「どうしたら、正しい判断を、会社を発展させることができるのだろう」
そう頭を抱えた稲盛氏は一つの答えに行きつきました。

「『人として何が正しいのか』と自らに問い、正しいままに貫いていく」」

そのようにして、1959年の創業以来磨き続けられてきた稲盛和夫氏の哲学の結晶が、この「京セラフィロソフィ」です。

著者が主宰する経営塾「盛和塾」での講演をもとに、京セラの社内教材としてつくられた『京セラフィロソフィ手帳』に
さらに著者自身が解説を加え、書籍にして600ページを超える大著となった本作品は、
人生の様々な折に繰り返し聞いていただくのにふさわしい一冊です。

普遍的な判断基準に基づき、多くの社員や後に続く経営者たちを導いてきたこの哲学は、
経営はもとより人生の羅針盤として、誰にとっても幸せな人生を歩むための一助となることでしょう。
多くの名経営者たちが尊敬する松下幸之助氏も絶賛した、競合がひしめく中で生き残るための戦略、それが「ランチェスター戦略」。

経営者や管理職の方は、必ず聴いていただきたい一本です。





マーケットが縮小する現代の日本において、企業が勝つためには、どのような戦略を実行すれば良いのか。



本オーディオブックには、その鍵を握る「ランチェスター戦略」についての理論と実践法が

体系的にまとめられています。



松下幸之助をはじめ、多数の有力経営者が指導を受け、実践してきたこの戦略は、

ブルーオーシャンではなく、競合がひしめき合うレッドオーシャンの中で

いかにして生き残りをかけるのか、その方法を示しています。



競争が激化するマーケットの中では、客観的に市場を俯瞰し、

その中で自社が取るべき行動(攻めるべきか、あるいは守るべきか)を決定する必要があります。

ただ闇雲に攻めていても、決して勝つことは出来ません。



兵法をベースとしたこのランチェスター思考を身につけることで、

自分の会社が、あるいは自分が取るべき行動が明確になります。

そして、戦略的に、自陣を勝利に導くことができるのです。



孫子の兵法書も、世の経営者の方々に大人気ですが、こちらも負けず劣らずの

人気の戦略書になります。



今からあなたも「ランチェスター思考」を学び、鋭い視点を身につけて、

常に「競争優位」の状態を維持して、厳しい時代を生き残りましょう!
戦略性があっても、現実に強い組織にするためには、どうすればよいか?「組織力」に関する定番である本書で、強い組織に必須の要素を習得して、個々の能力以上の結果を出す組織を作り方を学びましょう。


強い組織力を持てるか否か、これが企業の生死を左右する時代になった。
本書は、最強の組織力をどうつくり上げていくかを、体系的に整理したものである。

組織力とは遂行能力と戦略能力を掛け合わせたものと定義する。足し算ではないので、どちらが欠けても強い組織とならない。組織は人の集まりであるから、結局のところ、遂行能力も戦略能力も人が左右する。そこで組織力を高める鍵となるのがマネジャーである。
マネジャーは、係長、課長、部長など様々な呼ばれ方をするが、大きいか小さいかは別にして、ある程度の経験と権限を持ち、経営にも現場にも関わっていける立場にある。その立場だからこそ、組織力を高める重要人物になれるのである。

マネジャーは、期待を超える結果を出すことができる(オーバーアチーブする)人材を育て、顧客起点の「戦略マインド」を持つことが重要である。
その2つの武器を持った「真のリーダー」になるためにはどうしたらいいのか。
本書を是非参考にしてもらいたい。
理屈で経済は語れない―そこで誕生したのが、心理、社会的要因を踏まえた「行動経済学」。今後のビジネスの新たな手掛かりとなるこのジャンルをこの一冊で学んでおきましょう。


経済は、「何」によって動いていると思いますか?

普段私たちが「経済学」と言った場合は、標準的経済学のことを示します。
この標準的経済学とは、超合理的な完璧人間である「経済人」が行うことを前提
としています。
しかし自分や周りの人間を見渡してみてください。そんな完璧な人間がいるで
しょうか?

本書で取り上げている「行動経済学」は、私たちの現実により即した経済学といえます。
人は実際にどのように行動し、どのような理由でどのような結果を生み出すか。
「心理学」にも近い観点から人々の経済行動の背後にある心理的・社会的・生物
的基盤を探っています。
そしてこの「行動経済学」について、本書では「勘定から感情へ」をテーマに基
礎・土台について広く紹介しています。

この学問はまだ新しく、今後も多くの研究が進められている現在進行形の学問です。
まだ市民権を獲得したとは言い難いこの学問に、本書をきっかけとして一歩踏み
込んでみませんか。
「経済は、心で動いている」という答えに辿りついた行動経済学の面白さを、是
非味わってみてください。
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: JapanLanguage: English (United States)All prices include VAT.
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.